イタリア情報

アクセスカウンタ

zoom RSS PASQUA (復活祭)

<<   作成日時 : 2009/04/02 09:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3月最後の日曜日29日から、イタリアはサマータイムに入りました。日本との時差は
1時間短縮されて7時間です。
来週からキリストの復活を祝う聖週間が始まります。写真は街のバールで売られて
いるパスクワのドルチェです。コロンバ(鳩)、羊、鶏、卵が飾られていますが、何故か
イースターバニー(ウサギ)は見かけません。ケーキ屋のおばさんに聞いたら、ウサギの
型は作っていないと言っていました。多分、カトリックとプロテスタントの違いか、文化
の違いで、ウサギのドルチェはイタリアでは需要が無いのでしょう。
日本では英語のイースターを復活祭として聞き慣れていますが、英語とドイツ語圏
以外のヨーロッパの国々では、ユダヤ教の過越の祭を表すヘブライ語を語源としてい
て、イタリア語ではパスクワです。毎年3月21日を春分の日として、その後の最初の
満月の次の日曜日と決めていますので、パスクワは3月22日から4月25日の間の
いずれかの日曜日となります。今年は4月12日です。
過越の祭とは、旧約聖書の中でエジプトの奴隷下にあったユダヤ人を、モーゼが神、
ヤハウェの力を得て行った10災の最後の厄災、初子殺戮によって解放させた事を祝
う祭りです。鴨居に塗ってある羊の血を目印として、殺戮の天使がユダヤ人の家々を
過越して行った事が由来とされています。
イエスは過越の祭の1日目に、祭りを祝って12使徒と食卓を囲みました(聖木曜日−
最後の晩餐)。2日目の金曜日にAGNUS DEI (アニュス デイ)すなわち神の子羊とし
て、磔刑に処され神に召されました(聖金曜日−受難の日)。そして3日後の日曜日、
過越の祭の4日目に復活したわけです(復活祭)。
ところで、旧約聖書の中で絶対神ヤハウェから”カナンの地へ行け”との啓示を受けた
アブラハムをご存じですか。彼はユダヤ教の開祖モーゼ、イエスの聖母マリアの夫ヨセフ
そしてイスラム教の開祖ムハンマド全員の先祖に当たります。同じ絶対神を祀り、祖先
を同じくする預言者が開祖となる宗教というわけです。
みなさんも聖週間にはこれら3宗教のの本をひもといて、何故神が3人の預言者それ
ぞれに啓示を与えたのか考えながら、宗教ワールドに浸ってみてはいかがでしょうか。

画像

*卵のドルチェ*

画像

*鳩のドルチェ*

画像

*羊と鶏のドルチェ*

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PASQUA (復活祭) イタリア情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる